賃貸物件にポスターを貼ったとき、原状回復が必要かですが、クロスの上であれば、負担なしのこともあります。

賃貸物件にポスターを貼ったりした時の対応

賃貸物件にポスターを貼ったりした時の対応

賃貸物件にポスターを貼ったりした時の対応

賃貸物件にポスターを貼ったりした時の対応
すきなアイドル歌手などがいると思います。CDなどを買って応援することもありますが、ポスターなどを自宅などに貼ることもあります。等身大のものであれば、見ているだけでほっとすることもあります。ポスターに関しては、セロハンテープで貼ることもあるのですが、それだと簡単に剥がれてしまうことがあります。そこで画鋲などを使うことがあります。画鋲ははりのようなもので留めることになるので、壁などに穴が開きます。結構小さい穴です。

賃貸物件において、ポスターを貼った時にどうなるかがあります。クロスの部分にしっかりと穴があいてしまったようです。原状回復をしないといけないと思ってしました。クロスに関しては、だいたい人が入れ替わるときに交換するのが当たり前のものになります。これは貸主負担で行われるものです。画鋲ははりを壁に刺すのですが、それほど深く刺さるわけではありません。クロスを交換すると目立たなかったり、クロス部分のみ担っていることもあります。

そのため、ポスターを貼ったぐらいでは原状回復を求められないこともあります。ただし貼るところによります。柱などに貼ってしまうと結構目立つことがあります。その部分を埋めたりするのにそれなりの負担がかかることもあります。